『恋する暴君 カリスママッサージ師』ネタバレ

『恋する暴君 カリスママッサージ師』ネタバレ

どんなものだって感じたことがないヒロインが、カリスママッサージ師の手によって、、、

 

ドSだけど、腕前は相当の黒城のマッサージによって、感じるどころか大変なことに。

 

イクときって、こんなにすごいものだとは…。身も心もほぐされたヒロインの本当の体質が明らかに!

 

 

『恋する暴君 カリスママッサージ師に』TLネタバレ

 

TLコミック『恋する暴君 カリスママッサージ師』のあらすじ紹介です。

 

主人公の十和田小春は、美人でスタイルもよく、モテモテの女性で、毎日彼氏とラブラブ…

 

のはずが、付き合う度に振られてしまう。

 

手放したくないくらいの外見をしているのに、一体なぜ?

 

その原因は不感症。

 

していても、感じることができず、彼氏から不満を持たれるばかり。

 

結局は振られてしまい、今回で3人目となる。

 

お店のチーフとして働いている小春は、、後輩から有名なマッサージ店を紹介される。

 

振られたあとだし、気分転換に行くことに。

 

マッサージ店につくと、店員らしき人物が。客である小春にたいして、上から目線で物を言う。

 

この態度に怒った小春は、「お客なんですけど!」と言うと、

 

さっさと言えと逆ギレする店員。

 

イライラしながらもマッサージを受けるため、ベットに横たわる。

 

でかい態度とは、裏腹に熟練したマッサージをはじめる店長の黒城。

 

すると、これまで感じたことがなかったのに、声がもれてしまうほど感じるように。

 

エッチのときでもこんなこと無かったのに…。

 

背中、お腹まわりもマッサージされているうちに、気持ちよくなっていく。

 

その流れで胸までマッサージされそうに。

 

これ以上はダメ!と必死に止める小春。
それでも続けようとする黒城に対し、

 

自分が不感症だということを暴露。その言葉を聞いた黒城は、

 

「お前の不感症治してやるよ」と気合い十分

 

その日はなんとか、逃れたものの、

 

再び通うきっかけができたため、例のマッサージ店へ。

 

黒城の気合いが十分のため、かなりすごいことになる予感。

 

水着を着せられた小春は、ベッドへ…。

 

このマッサージを受けてから、あの体の感覚が忘れられず、通いつめるようになる小春。

 

イケメンなカリスママッサージ師と、小春の関係はどんな展開になっていくのか
みどころ満載!